バイクで安全にツーリングするためのライディングテクニック

site-index
  1. 中年ライダーの私が悩む、ライディングテクニックとは
  2. 目からウロコのライディングテクニック
  3. バイクとスキー、共通するテクニックとは
  4. ライディングテクニックを身に付けるには
  5. ライディングテクニック習得法の特徴とは
  6. ご質問をどうぞ
  7. バイクに関する無料冊子情報

特報!ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法にハーレー・アメリカンバイク編が加わりました

みなさん、こんにちは。

毎日、バイクライフを楽しんでますか?

今日は、ひとつニュースをお伝えします。

「ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法」に
“ハーレー・アメリカンバイク編”が誕生しました。

今までのライディングテクニック習得法に、
ハーレー・ダビッドソンを代表とする、大型アメリカンバイクを
乗りこなすためのノウハウをふんだんに加えた、
まさにアメリカンバイク乗りのための
ライディングテクニック習得法です。

あこがれのアメリカンバイクを手に入れたはいいけど、
その独特のライディングポジションや、バンク角の浅さなどで
扱いにくく手を焼いている方は、必見ですよ!

ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法〜ハーレー・アメリカンバイク編〜
| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中年ライダーの私が悩む、ライディングテクニックとは

バイクを愛するみなさん、こんにちは!

中高年(まだ中年と言いたい、笑)ライダーの
「しんさん」です。

みなさんは、バイクを運転していて、
「ヒヤリ!」
としたことはありませんか?

ワインディングで、攻めてるつもりはないのに、
コーナーからはみ出しそうになったり…

仲間とツーリングに出たとき、周りのぺースが速くて
必死になって追いかけたり…

私はそんなことの繰り返しでした。
しかも乗っていたのはレーサーレプリカ(笑)。

恥ずかしいやら情けないやらで、
ライディングテクニックの本や雑誌を読んでは
いろいろ試してみたのですが、
一向にうまくならず。

そのうち仕事も忙しくなり、家庭も持ち、
自慢のレプリカは手放してしまいました。

今は、仕事やプライベートで、スクーターに乗ってますが、
やっぱりいま一つ運転に自信が持てません。

ところが最近、「あること」を知ったおかげで、
私のライディングテクニックは大きく変化したのです。

その「あること」とは…

次のページを読む

目からウロコのライディングテクニック

きっかけは、ツーリングのことを調べようと、
ネットで検索していて、あるサイトを見つけたことです。

そこにはバイク歴23年のベテランライダータシロセイジさんの、
熱い想いが語られていました。

タシロさんも、数年前までは、私と同じように(といっては失礼ですが)
バイクツーリングは好きだけど、転倒やオーバースピードに
いつもヒヤヒヤしながらバイクを運転していたそうです。

でもある日、警察主催の二輪車安全運転講習会に参加して
そこで教官に言われた一言で、バイクライディングの認識が
ガラリと変わったとのことでした。

そしてその一言を意識して練習した結果、
周りのツーリング仲間が一目置くほどの
ライディングテクニックの持ち主になったのです。

タシロセイジさんのサイトはこちらです。リンクを張っておきますので
よかったら覗いてみてください。

http://www.happy-riding.com/

ところで、この目からウロコの一言なんですが、
実は私もバイクの運転以外で聞いたことがありました。
次のページではそのことについてお話します。

次のページを読む

バイクとスキー、共通するテクニックとは

私は学生の頃アルペンスキー競技が好きで、
見るだけではく、実際に草レースに参加したこともあります。

そのレースはレース初心者を対象にした講習も兼ねていて、
私のようなスキーはできるけど、レースのようなハイスピードは
経験したことがない人たちが多く参加してました。

その講習でコーチが一番はじめに私たちに教えたことが、
前に書いたライディングテクニックの「目からウロコの一言」
だったのです。

つまり「○○○ことが確実にできるようになれば、
どんなコースも怖くないよ」ということ。

高速ターンの技術とか、スキーの滑らせ方などばかり
気にしていた私は、まさに目からウロコが落ちる思いでした。

たしかに○○○技術がしっかりしていれば、
危険な状況になった時でも、心に余裕を持って対応できます。

バイクのライディングテクニックも同じなんですね。

実は、前に紹介したベテランライダー、タシロセイジさんの
サイトで紹介されているマニュアル

ツーリングで仲間も驚く!
『一目置かれるライディングテクニック習得法』

を買って読んでみたのですが、○○○技術が具体的なコツや理論、
さらにはユニークな練習法とともに、詳細に書かれていました。

もちろんマニュアルにはライディングポジションとか、
コーナーリングテクニックなど、基本的なライディングテクニックは
すべて図解入りで詳細に説明されています。

でも私は、目からウロコだった○○○技術から、まずは実践してみました。
(スクーターでですけどね、笑)

周囲に気を付ければ、街中を走りながらでも練習できるので
ちょっと意識してやってみました。

すると、じきに自分の走り方が変わってきたのがわかりました。
なにより気持に余裕を持って運転できるようになりました。

ネットで売られているマニュアルを買うのは、
ちょっと抵抗があったんですが、これは買って大正解でした。

よかったら、あなたもいかがですか?

詳細はこちら→http://www.happy-riding.com/(タシロセイジさんのサイト)

もし、購入にあたって疑問や気になることがあったら
私にご質問ください。お気軽にどうぞ。

ご質問はこちらからどうぞ(←をクリックすると質問フォームへ飛びます)

次回は、こういったライディングテクニックを身に付けるには
他にどんな方法があるのかを調べてみます。

次のページを読む

ライディングテクニックを身に付けるには

ところでバイクのライディングテクニックを身に付けるには
ライディングスクールなどに参加する手がありますよね。

クローズドコースで教官に見てもらいながらの練習は
たしかに充実してますけど、その分お値段もいっちゃいます(汗)。

だいたい半日で6、7千円、一日ならその倍。
間違ってペーパーライダーの補講を教習所で受けちゃうと
3時間で1万円越えなんてことも。

また本で知識を得ようとすると、実用的なものが以外と少ない。

お勧めできるのは「ライディング事始め」ぐらいでしょうか。
この本は、公道でバイクを乗るときのテクニックや
常識が、イラストをまじえてわかりやすく書かれていてよいです。

で、前回ご紹介した

ツーリングで仲間も驚く!『一目置かれるライディングテクニック習得法』

ですが、お値段は少々高めです。(汗)
でも普通の本とは違った良さがいろいろあります。

次回は、それについて書こうと思います。

次のページを読む

ライディングテクニック習得法の特徴とは

ご紹介している

 ツーリングで仲間も驚く!『一目置かれるライディングテクニック習得法』

ですが、E-bookという形で販売されていて、
一般に販売されている書籍やDVDとは違った特徴を持っています。

まず一番の特徴は、活字で読むだけのものではなく、
動画でも、内容を説明しているところです。

この動画は、実際にバイクが走っている様子とかではありません。
マニュアル本文を画面に表示しながら、著者のタシロセイジさんが
音声で説明してくれるというものです。

画面で文章や図を読みながら、なおかつ音声で読み上げられると
内容がスムーズに、頭の中に入ってきます。

マニュアルには書かれていない、細かいポイントなども
音声で追加されているので、マニュアルを読む際は、
ぜひ動画も利用しながら読み進むことをお勧めします。

次の特徴ですが、1年間メールでのサポートをしてくれるそうです。
マニュアルに関する疑問質問はもちろんですが、バイクに関する
相談ならすべてOKとのことです。

こういったサポートは、一般書籍にはあまりない、
電子出版ならではのメリットと言えそうですね。

さらに、先にも書きましたが、マニュアルが改訂された場合は
無償でアップグレードできます。

ほかにも、専門用語集とか、バイクライフに役立つ
購入者限定メルマガの発行など、お得な特典がもりだくさんです。

そして最大の特徴が、もしマニュアルご購入後365日以内に、
ライディングテクニックの上達を実感できなかったり、
バイクライフのスタイルに合わないと感じた人に対しては、
購入代金を100%全額返金するということです。

これは裏を返せば、著者タシロセイジさんの内容に対する
自信の表れですね。もちろん、購入する側にとっては
とてもありがたい保証だと思います。

なんとなく不安を抱きながら、漫然とバイクに乗っているよりも

 ツーリングで仲間も驚く!『一目置かれるライディングテクニック習得法』

を購入して、安全に速く走るライディングテクニックを
身につけた方が、より楽しいバイクライフを満喫できると思いますよ。

このライディングテクニック本に関するご質問をどうぞ

ご質問をどうぞ

私は、このマニュアルをよんだおかげで、
正しいライディングテクニックと、楽しいバイクライフを
手に入れることができました。

このマニュアルに関して、ご不明な点などありましたら
質問フォームからお気軽にご質問ください。
(↓のボタンをクリックすると質問フォームへ飛びます)

ご質問をどうぞ
(こちらをクリック!)

バイクに関する無料冊子情報

バイクに関する無料冊子をいくつか集めてみました。

もし興味がおありでしたら、お名前(ペンネームでOK)と
メールアドレスをお知らせください。

折り返し、無料冊子のダウンロード方法をメールでお送りいたします。

↓のボタンをクリックすると、入力欄が出ます。

無料冊子進呈中
(こちらをクリック!)

ライディングテクニック雑記

ライディングテクニックとは
峠をハングオンで走るためだけのものではありません。

峠のライディングテクニック、
ストリート(街中)でのライディングテクニックと、
交通の常識の中で安全に速く走るための
いろいろなライディングテクニックがあります。

ツーリングで使うライディングテクニックは、
常識とかっこよさを併せ持ったものでありたいですね。

ライディングテクニックの一般書籍(DVD)では
「丸山浩の天才!ライディングテクニック」が有名です。
他にも「柏秀樹のライテク講座ビッグマシンを自在に操る」
なんていうDVDもあります。

私のお勧めツーリングコース

私は、東京在住です。
今までいろいろなところへツーリングに出かけました。
いくつかお勧めのコースを紹介します。

・蔵王エコーライン・・・とくに宮城県側は雄大な景色が広がります。
・十和田道・・・青森県の奥入瀬渓流に沿った道です。
・国道341号線・・・十和田湖から秋田県の田沢湖へ抜けるルートです。
・箱根旧東海道・・・駅伝で有名な道です。
・伊豆スカイライン・・・静岡県伊豆の山中を走るルート。
・磐梯吾妻レークライン・・・福島県の小野川湖と秋元湖を結ぶ道路です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。